« ArtRage2の鉛筆 | トップページ | ArtRage2でらくがき »

2006.04.03

液晶タブレットの描き味を変える方法

Intuosのオーバーレイシートの材質が良くなったためかペン先との摩擦が適度で、とても描きやすくなったと思う。少なくとも以前使っていたArtPadのものより良くなったのじゃないかなぁ?それでも、自分の好みに合わなかったりすることもあるわけで・・・。そんな時は、コピー用紙などをペンタブの表面に貼り付けたり、ホームセンターを探しまわって自分好みのザラザラ感のあるシートを買ってきて試すこともできます。どんな色のものでもいいし、好きなイラストが表面に印刷されていたっていいわけです。

一方、液晶タブレットの表面はもちろん透明なガラス。(ペンタブ対応の保護シートを貼り付けていますが)自分の好みにあった描き味にするには、Intuosの場合ほど簡単ではありません。オプションでWACOMから替え芯(フェルト芯)が発売されてはいますが、amazonで評価を見てみると非常に芯の減りが早いようです。描き味は良さそうですが・・・。そこで、ちょっとバカなことを考えついたんです。

ペン先を薄い布(のようなもの、紙でも良い)で覆ってみればイイんじゃない?!そうすればペン先と液晶タブレットの表面との間の摩擦はその布の材質によって自由に変えられるじゃないですか!布(のようなもの)はペン用グリップなどではさんで固定すればOKです!
(図1~図3)

Penandgrips 図1

Pen 図2

Penandpaper_1 図3

実際、取り付けてみると意外とイイです。ちなみに、私が布代わりに使っているのは「インダストリアル ワイパー」というレンズやOA機器用のホコリを拭き取るアクリル繊維不織布(実はもらい物)。小さな面積ですむので1枚をはさみで切り取って使えばとても経済的!

難点は以下の2点。
・ 上手に取り付けないとゴワゴワして、ペン先が太くなる。取り付ける布(のようなもの)はできるだけ薄手がbest・・・かも。不要な部分は切り取るとbetter・・・かも。
・ 取り付けをきつくしすぎるとペン先をいつも押しつけた状態になるため液晶の表面にペンが触れなくても線が描けてしまうこと。調節すればすぐに解決できる・・・かも。

難点はあるけれど、簡単で自由度バツグン、チョー経済的。目からウロコ?的な(あるいは、とってもお馬鹿でダサイ)ペンタブの描き味調節方法のご紹介でした。ジャンジャン。

|

« ArtRage2の鉛筆 | トップページ | ArtRage2でらくがき »

コメント

ヤーオさん、こんばんは!
さっそく、お邪魔しました。
で、こーんな下の方から、ペンタブの描き味を変える方法を発見!!^0^v

ワーイ!これ戴き!です。
上手く布を取り付けられるから、不器用な私には、
ちょっと心配ですが、トライしてみます。

ヤーオさんの処で、これから幾つの新発見があるか、
もう~ワクワクです。

あっと、これからもヨロシクです!m(_ _)m

投稿: おミミ | 2006.10.21 20:44

おミミさん、いらっしゃい。

ここは、3年前にNiftyがブログサービスを始めるというので、「ちょっと、面白そうじゃない」って作ったブログなんです。ブログがなんなのか理解もせずに始めちゃったので、途中で半年間お休みしてしまったという「ずっこけブログ」です。結局、無理のないペースで続けるのが一番と思い直して再開しました。前置きは、これくらいにして。

おミミさん。早速、私のズッコケ記事を見つけちゃいましたね。ペンタブの描き味を変える方法・・・。そうです、布の種類を変えるだけで描き味は無限大!これこそ、コロンブスの卵的な大発明!・・・のはずだったのだけど、実際は取り付けに苦労します。 もうひと工夫いりそうですぅ。(^^;

こんな調子のちょっとマイペースなブログです。おミミさんの素敵なイラスト作成の邪魔にならない程度におつきあい下さいね。どうぞヨロシク。

投稿: ヤーオ | 2006.10.22 12:14

ヤーオさん、おはようございます!
3年も前から、ブログってあったんですか~。

3年前と言ったら、私がやっとPCでお絵描き始めた頃ですよ。
その頃から、もうプログを開設してらしたなんて、
凄いなぁ~、ヤーオさんやっぱり大先輩なんですね。

画材さんで、ペン用グリップ探したけど見つからないのです。
やっぱりPCショップじゃないと売ってないのですね。
布は、眼鏡拭きの布でもイイのかしら?
輪ゴムや、テープ止めじゃダメでしょうかね。(^_^;) 


投稿: おミミ | 2006.10.25 06:50

おみみさん、こんばんは。

ペン用グリップは、小学校にあがる前後の子供用に販売されている「かきかた」調整用らしいです。柔らかな素材でできていて、4~5個入りで色違いのものが入ってました。商品の包装でも残っていないかと、部屋を探してみたのですが見あたりません。けれど、先日も近くの文具店で見かけましたので特別なものではないようですよ。画材店というよりは文具店での取り扱いが多いのかも。

布は、ツルツルの液晶画面上で描いても紙の上のような抵抗がえられる程度の素材ならば、何でもイイと思いますよ。安価で薄いものの方が扱いやすいですが・・・。ではでは。

投稿: ヤーオ | 2006.10.28 04:22

ペン用グリップの商品名がわかりました。「プニュグリップ」本体価格100円(105円税込):クツワ株式会社
 
http://www.kutsuwa.co.jp/goods/original/stationery/file.html

ご参考まで。

投稿: ヤーオ | 2006.10.29 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4855/9403152

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶タブレットの描き味を変える方法:

« ArtRage2の鉛筆 | トップページ | ArtRage2でらくがき »